並び方の重要性

受付をする

放置してはならない悪い歯並び

歯並びが悪いことは気にならない、それよりも目立つ矯正器具の方が気になるという人も中にはいることでしょう。そういう人は当然、矯正歯科の治療を受ける必要はないと考えていることでしょう。 しかし、歯並びが悪いことは気にするべきです。なぜなら、歯並びは見た目だけに関係しているわけではないからです。 歯並びが悪ければ、虫歯や歯周病になる確率が高くなります。なぜなら、歯並びが悪ければ歯ブラシが届かない場所がある可能性があり、日頃の歯磨きが不十分である可能性があるからです。 また、歯並びが悪ければ、病気になる確率が高くなります。なぜなら、歯並びが悪ければ食べ物を噛む砕くことが不十分となり、結果、胃や腸等に負担をかけることになるからです。 このように、歯並びが悪ければ健康を損なう確率が高くなりますので、即刻、矯正歯科の治療は受けるべきなのです。

目立つという心配が不要な矯正器具

さて、矯正区具が目立つ問題ですが、確かに目立つ矯正器具を装着することは、かなり精神的な負担となることでしょう。ですから、矯正器具を装着したくない、矯正歯科の治療は受けたくないという気持ちは理解できます。 しかし、現在の矯正器具、及び矯正歯科の治療は従来のイメージとは違うことを知っておきましょう。現在は、目立たない、もしくは見えない矯正器具を用いて矯正歯科の治療を受けることが可能なのです。 目立たない矯正器具とは、透明な矯正器具、または歯と同じ色をしている矯正器具です。見えない矯正器具とは、装着する位置が歯の裏側になる矯正器具です。 このように、新しい矯正器具が開発され、使用されていますので、以前のように矯正器具が目立つという心配は不要となっているのです。

Page Top