保険適用はあるのか?

痛みを訴える

保険適用外の治療となっています

インプラント治療は、顎の骨に穴を空けてそこに人工歯根を埋め込み、その上にセラミックなどの人工の歯を被せます。本物の歯と同じような構造を持つ唯一の治療法として知られており、この治療を受ける需要は高まり続けています。そんなインプラント治療のネックと言えば、治療費が高額になってしまう、という事です。 歯科治療の中でも高額治療の部類に入るインプラント治療は、保険適用外となっており、治療を提供する歯医者によって治療費を決める事が出来ます。人工歯根やその上に被せる人工歯の値段が高いため、どうしても高額になってしまうのです。歯医者によって治療費に差はありますが、平均すると1本あたり32万円程度と言われております。

紀元前からこのような治療が行われていました

インプラント治療がここまで普及したのは、ここ最近の事ですが、失った歯の変わりに人口の歯を取り付ける治療は、古くから行われてきました。紀元前に貝殻や金、エメラルドなどを使い、治療を行った事も知られています。現在は、チタンを使った人工歯根が当たり前となっております。このチタンは顎の骨との結合性が高く、長期に渡って使い続けられます。 歯医者で30万円程度支払ってインプラント治療を受けるのが高いか、安いかはその人それぞれの判断に委ねられます。インプラント治療は1度治療を受ければ一生使っていけると言われています。もっと安い治療法で数年おきに歯医者に通えば、結局トータルの治療費はインプラントと大差ないかもしれません。

Page Top