インプラントという手法

歯が痛む

近年、歯科医院での治療方法の進歩は目を見張るものがあります。その最たる施術というと、歯科インプラントがあります。これは、虫歯や歯周病で歯をなくしたときの画期的な治療方法です。人工歯根を歯がなくなった場所の顎の骨の中に埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療法です。 この歯科治療は、入れ歯とは違い、食事の際の噛む能力、装着感もほとんど自分の歯と変わることがないです。ですから、非常に快適に食事をすることができます。また、入れ歯を装着したときに起こり易い、しゃべりにくさもほとんど起こすことがないです。見た目にも自分の歯と変わることもなく、とても美しいです。ですから、今後も歯医者で重宝される治療法といえます。

インプラント施術を受ける時は、きちんとした治療を行える歯科医院を選ぶことが重要です。そのためには、最新の治療機器を導入しているかどうかが判断のポイントとなります。たとえば、治療において、噛み合わせをコンピューター解析するシステムを導入している歯医者を選んだほうが良いです。というのも、インプラントにおいて噛み合わせが非常に重要だからです。 きちんとしたシステムを導入していないと噛み合せが悪く、インプラントが数年もしないうちに抜けるケースがあります。そもそも噛み合わせは、たった数ミクロンの違いだけでも、かなり大きな違いがあります。なので、最新のコンピューターシステムでしっかり噛み合わせを診てくれるところを選ぶと良いです。

Page Top